スポンサーリンク

【卓球】強くなるには、上手い人と練習する

スポンサーリンク

卓球初心者から中級を目指すには、めっちゃ上手い人と練習する

超初心者からステップアップする目安は、フォア・バックのラリーが続き、バックのフォームが綺麗になるかどうかです。普通に打てるようになると、野望が高まり意欲的になります。中級者を目指しつつ、もっと強くなる秘訣をご紹介します。

 

最低限の基礎を習得したら、経験者と練習しつつ、上達度を把握する

ラケットを始めて持つような初心者は、コーチとレッスンしながら基礎を叩き込み、次は上手い人と練習する。すると、登山で例えたら何合目あたりにいるか、知りたくなります。コーチは打球位置が安定しており、同じ場所に打ってくれるため、とっさの打球に慣れるには、どえらい強い人と修行すると、どえらい上達します。

 

一斉放牧された子羊は、戦士に変身w

強い人はほぼ経験者なので、「半年ぶりだから~」みたく謙遜しますが、上手くて優しい方がおおいです。いざ練習会場に足を運ぶと、ラリーやサーブのスピード感にやる気が出ます。打球音にうっとりしたら、脱初心者から中級者にはい上がるために、剛速球を打ち返す訓練をしよう。

形から入り道具と衣装をそろえると、世界リーグ第二位の丁宁や许昕みたいに活躍されている選手のごとく、練習に参加する。すると、本番に強いメンタルは更にエネルギーチャージされます。イメトレの重要性を再確認しました。

 

スポンサーリンク

経験者のコミュニティに参加しつつ、コーチとレッスン

「初心者歓迎!卓球を楽しもう」のような広い心をお持ちになるコミュニティの一方、いざ参加してみるとバリバリ経験者ってのが卓球あるあるです。しかも、女子の参加率は低いけれど、圧倒的に男子が多いのが卓球の特徴なのでしょうか。概ね男子は強い人なのですが、女子は運動目的とした「いい汗かいて楽しみたい経験者」が多く、ほんわりした調子で練習できます。

 

男子経験者は、打球が早く重い

だからこそ、素晴らしいレッスンになります。一見ちゃらい兄ちゃんですら、打法は完璧に決まっており、腰の使い方がいい具合です。日常的に超剛速球を打つすごい人と練習すると、最初はボールがあまりに速く驚いて逃げるかもしれません。スピードだけでなく、球は重くずっしりしています。

 

先日参加したコミュニティでは、現役にて都道府県大会ベスト8入賞だったという方がいました。もうね、回転魔球が飛んできます。回転打球は初心者にはスゴ技ですが、経験者には一般的なものですし、基礎のフォアやバックは更に達人級です。

 

参加してから楽しめるコミュニティを決めよう~年代と性別、国籍が合うか

まず、お気に入りコミュニティに参加する。そして、年代や性別・国籍が練習相手として相応しく楽しいか、目的意識のベクトルが一緒か・・・などを考慮しつつ、今後の参戦を検討していく。

 

コミュニティの目的意識が合致して、相性が合うか

選手になりたかった・・・のような強豪ぞろいだと、遊びで始めたり運動目的の方には、練習量がハードすぎてへろへろになり却って疲弊します。合うコミュニティは、会場に入った瞬間に直感でわかるものです。自分の経験値を信用しつつ、相性が合えば練習を重ねるとマジで強くなります。

 

使い倒したマイラケット持参の方は、ほぼほぼ経験者だから、上達するチャンス

新品じゃないマイラケットがある方は、本気の経験者である確立が高まります。経験者あるあるな俊敏で軽やかな動きの方は、練習する価値があります。卓球経験者は心穏やかで温厚な性格が多いです。ガツガツしたハングリー精神まる出しの方は、あまり見かけないのです。

強い人とやるとラリーは永遠に続く

更に上手くなりたい野望を叶えるには、上級者と練習するのが近道です。励みになり時間を重ねると、知らず知らずのうちに上手くなりステップアップを実感します。最初は剛速球を打ち返せなくても、開き直って練習するといつの間にか中級者の仲間入りをしています。

 

超うまい人と練習しよう

頻繁にすごい人と練習していると、気がつけば数段レベルアップできます。強い人の打ち方を見ながら頭に焼き付けて打ち込みます。すると、突然ボールの感覚が把握できるようになり「天才かもw」のような勢いで上達します。練習内容は上級者と相談しつつ、苦手を作らないよう有意義な練習メニューを選びましょう。時間があっという間にたてば、集中しているあかしです。

 

女子は男子と練習したら、剛速球が打てるようになる

色んな卓球コミュニティに参加していますが、女子参加者より男子が多いため、必然的に練習相手は男子になります。しかも、強い。だもんで、日常的に剛速球やキツイ回転球を打っていると、あっという間に強くなります。

 

「初心者歓迎」とうたっている場合、打ち方をご存じない方がたまに参戦します。「自分・経験者」対「初心者・経験者」で混合ダブルスをすると、あたかも経験者のような魔球が打てる、と自認します。すると、脱初心者となり確実に前進します。

上達の秘訣は、強い人と練習する。中級者になると、上級者並みに上手くなりたい野望を叶えるため、回転や打法のテクニックを習得したくなります。

卓球は、ドライブをかけてなんぼです。色んな打法があるうえ、戦術は多岐に渡ります。基礎のフォア・バックが打てるようになったら、次はフォアとバックを交互に打ちます。つっつきやサーブを練習する頃が正念場だと考えます。楽しみながら上達しましょうw