【ブログ飯】良質な記事を書けば、PVは突然上昇してウハウハw【あきんど戦略法】

スポンサーリンク

困った経験=貴重な記事になり、大化けするかも~ブログのネタとして、詳細に書き込もう

ブログを始めて一年ちょいたちますが、読まれやすい人気記事を振り返ってみます。ふらふらと御徒町の摩利支天徳大寺に参拝してみて、その後の実体験を踏まえて書くと、大人気になりました。みんながハピネスになれる内容は、需要があるなと実感しています。そして、声を大にして伝えますが、困った経験は貴重な財産になる可能性が高まります。

例えば

スーパーフライデーのクーポンが来ない

ワードプレスのトラブル

書いてすぐに人気記事になるかどうかは、みなさんの需要度と比例するので、後から同じような困った方がおられたら、突然どっかーんとPVが上昇するかも。「なぜ今ごろ?!」のように自分自身、書いたことすら忘れていたりします。

ネタになるため、アクシデントが楽しくなる

ネタを探している方がいたら、超絶困った経験を事細かく書いて情報提供すると、後からうはうはになりますよ。何度もトラブルに巻き込まれないのだから、貴重な経験は惜しみなく提供しよう。いつかリターンは返ってきます。

スポンサーリンク

稼げるか迷っているあなた!継続すると、読まれやすい記事が感覚でわかるようになる

ブログって、よほど書くことが好きなら別ですが、止めてしまう方が大勢いらっしゃる。だから、収益に結びつくまでに至らず、残念な結果に終わってしまいます。

初ヒット記事により、あきんど欲がでる

PV上昇する記事が書けるようになると、欲がでます。ズバリ「もうけたいw」しかも、人気が安定しクオリティを向上すると、記事は唯一無二になります。おすそ分け感覚でハピネスになれる方が増えるといいです。

一方、ヒット記事に出会えても地味な作業ですし根気が必要です。「需要あるのかな」「サーバー・ドメイン費用を上回る収益っていつ発生するかな」「飽きた」のように、見てくれる人とモチベーションは比例するものです。不人気記事を量産すると自己満足でもうからないw

不人気記事を削除しつつ、方向性の見直しをするといいよ

無料ブログは絶対におススメしない

無料ブログは時間を消費する一方、無益で記事がヒットしても収益に直結せず勿体ないかも。だもんで、サーバー・ドメイン契約しながら運営した方が、後々の利益になりますよ。立ち上げるのが面倒くさ・・・とか億劫になるかもしれませんが、勢いです。初期設定をがっちりやると、慣れます。

今からでも遅くないw

今からでも間に合いますよ!案外簡単なので、無料で情報を垂れ流すなら、サーバー・ドメインを有料契約した方が、リターンが大きいです。時間を無駄にせず、情報発信するなら利益になる可能性を考慮しよう。

ご自身が困った時の体験談や解決方法は、おしみなくガンガン書いて情報提供しよう

読まれる記事に巡り合うと、需要の有無はセンスで把握できるようになります。特に、困った体験談は、いつかきっと多くの方が役立つ情報になります。詳細にねっちりと経緯や解決方法を書きましょう。

中途半端な情報はいらない

奥歯に物がはさまったような不透明な書き方は、需要がありません。逆の立場であれば、いかがですか。具体的な解決策が知りたくて、調べているのではないでしょうか。だから、中途半端な情報は、あなたの価値を下げるだけでなく、読者をイラつかせます。困った時の対処法は、読者の皆さまから信用される有益な記事になります。

リアルな内容を書く

人から聞いた話は、信憑性が薄く具体性に欠けるので、薄っぺらい内容になってしまいます。ご自分のアクシデントを「どのように解決させたか」を超絶細かく書くといいです。困ったら、まず調べるでしょ?自分の手に負えなければ、修理するかどうか決めればいいのです。自分で対応できる問題は、誰だって自分で処理したいものです。

PVはあなたを裏切らないw ただし続けること。止めたらゲームオーバー

1PV/日から100PV/日を目指す。次は、1,000PV/日のように、小さな目標から始めて、達成したら目標を変更するといいです。一年前ちょい前は、一日当たり100PVを越えるとか、夢物語ですが継続すると余裕で超えるようになります。

アナリティクスは見なくていいかもw

当然、アナリティクスやアドセンスを紐付けておられるでしょうが、見なくていいです(笑)私は一人でも読者さんが増えると嬉しいので、チェックしていましたが、ふと作業時間を比較してしまい、うなだれたのです。

ブロガー界隈での言い伝え「継続が鍵」は本当だって話

「継続してなんぼ」のように様々なサイトで言い伝えられています。ですが、継続は本質をついており、続けていれば成功につながり、一方で、諦めて更新を止めてしまうと、ゲームオーバーで試合終了になります。自己満足からスタートしつつ、読者の心をわし掴みにする内容を提供すると、いつかPVはうなぎ登りして、うはうはとなり更にやる気がでますよ。一石二鳥なり。

長期に読まれる記事を書く

この辺りは、感覚的に学ぶと書けるようになります。子供や大人でも理解できるような簡単な内容でロングヒットを狙うといいです。バズ狙いはおススメしません。一時的な策略はうま味を得られないからです。

1記事=2000ページ

当初は、1記事1000~1200記事程度でした。ですが、最近はノルマとして2000ページ必須にしています。その方が、上位に入りやすいと実感しています。これは経験値でわかるようになりますので、ご安心下さい。

関連コンテンツ

フォローする