【ステップアップ】自分磨きするなら、ちょっと格上の人と交流しよう

スポンサーリンク

目標の人を具体的に洗い出し、手が届く人とコミュニケーションを取ろう

女子力を上げたい・運動神経が良くなりたい・パソコンスキル向上など、何か目標を掲げたら、無駄な努力をする前に戦略を練ると最短距離で手に入ります。では、どうすればいいか。

憧れの人を決めたら、仲良くなろう

会話する機会と比例して、親密度は増します。なので、仮に女子力UPを目指す場合、おしゃれ番長を探してから、情報提供を共有できる仲を目指します。コミュニケーション能力をフル活用しながら、少しづつ会話していきます。

挨拶

ご自分を強く印象つけてもらうために、挨拶は基本です。笑顔で挨拶を繰り返すと相手の心に記憶が定着して、親近感がわきます。

用事をつくり、おしゃべりする

スタートラインは、話題を数個ストックします。そして、とっさに会話ができるように、ストックを温めておくといいです。憧れの人がいたら、さらっと自然におしゃべりしましょう。

チャンスはある

話す機会はあります。チャンスをいかしつつ、いつ・どこで会ってもおしゃべり出来るよう、事前準備が全てを決めます。狙った獲物を仕留めていきましょう。

お洒落談義に花が咲く

繰り返し接触すると、親密になり気兼ねなくおしゃべりできるようになります。メイク・コスメ・ネイル・洋服・スポーツ・芸術など、興味があることに焦点を絞り、会話を楽しむと、お互いが触発されます。憧れの人がこちらに注目してくれたら、ゴールは近いです。

スポンサーリンク

段階的に親しくなるといいよ

登山に例えると、いきなり登頂を目指すのは、あまりに無謀です。相手を知り攻略を練ってから、挑みましょう。まず、目標は低め設定にする。登山の道具は、良い靴を履くとのぼりやすいです。そして、準備体操はがっちりと入念にしましょう。日頃の基礎体力を強化するとともに、標高が低く上りやすい山を目指します。

話す機会が増えると心証に残る

何度もおしゃうべりしていると、ご自分の人物像は、憧れの人のハートに深く刻まれます。接触する機会を増やして反復すると、印象付けられます。

話題は楽しい内容にしよう

あなたは、憧れの人と楽しい話をしましょう。顔見知りになったからといって、不平不満を言い合うと関係性はこじれるだけです。また、「この人は、愚痴を言える」と勘違いされると本末転倒です。興味がある内容を選別して、楽しいことだけ話題にします。

気軽に話せるようになったら、目標設定を見直す

突き詰めた話題ができるよう、様子見しながら話題を変えましょう。ただし、相手がどう思っているかを表情から読み取ります。ぐいぐい接近した挙句、実は嫌がられていたら・・・。空気を読みながら場をわきまえて親密になるのです。

理想が高いと300000%相手にしてくれないため、あなたに見合う人に憧れよう

普通の人は、すごい人に憧れても絶対に相手されず、あかたも向こう見ずの痛い人になってしまいます。今のあなたに見合う身近な人を探しましょう。仮に、社会人野球に夢中な場合、大リーガーのプレイに憧れ親しくなりたいと懇願しても、はかない夢のまま終わります。

無謀な理想は現実逃避

相手にしてくれる人は、います。ただし、分相応でご自分よりちょっと格上の人にすると、マネタイズしやすくなります。良いお手本を見習い、素敵な面を取り入れられます。

理想が高すぎると目標は達成不能になるかも

跳び箱の6段を飛べるようになるには、まず4~5段は楽勝で飛べて、6段を挑戦できる人に限られるのではないでしょうか。4~5段がヤバいのに、「6段を飛びたい!」とわめいても、どうかな。無駄な練習は、目標を遠ざけるかもしれません。基礎を徹底的にやるのが効率的です。

ステップアップをしつつ立ち止まると、ぐんと向上している

目的意識を持ち何かに憧れ目標を持つのは、いいことです。ほどほどに努力すると、結果は後から付いてきます。無理せず継続しつつ新たな習慣を取り入れてから振り返ると、驚くほど前より良くなっているものです。

ご褒美をあげましょう

目標に到達したら、自分にプレゼントを贈りましょう。「頑張る→ご褒美→目標をちょっと高く→頑張る→ご褒美・・・」のようにやり遂げたら、プチプレゼントを用意すると意欲がでます。

あなたは誰かの憧れの人になる

マネタイズに成功したら、あなたは理想の人として、誰かの目標になれるかもしれません。知らず知らずのうち、ご自分が強化したい面がパワーアップされ、誰かの理想になっているかもしれません。理想の人物は、満ち足りて輝いています。

関連コンテンツ

フォローする