【癒し】何もかも嫌になり疲弊したら、自分でメンタルを共感していく【セルフケア】

スポンサーリンク

自分を肯定できるのは、自分だけ。他人に共感を求めて満足したつもりでいても、不満は強まるため、自分で自分を尊重し満たそう

先進国のうち、長時間労働がヤバい日本で就労すると、疲労は日増しに蓄積する。気がついたら、手遅れ。このような事態は、労働環境と比例してありえるのだ。ブラック企業という文言が当然のように流行る国、それが日本なのだ。

洗脳の脱出策は、休養

フルタイム労働は、通勤を含め拘束時間が長いうえ、更に残業・・・・。もうね、社畜でいいの?以上ですw 長時間労働は心身が破壊され、通常の判断能力を失う可能性が高まる。働きすぎ脱却は、休む、寝る。簡単なようですが、洗脳された環境下では、休暇を取ると罪悪感が生まれたりする。

会社は責任を取らない

仮に、働きすぎて過労により休職する場合、会社は責任を取らず、人はさーっといなくなる。自分を守れるのは、自分だけ。だから、ギリギリまで我慢せず、定期的に休み積極的な休息を確保していこう。休んでも組織は成り立つ。個人経営であれば、健康管理は何より大切なので、休息日を設ける。

寝てリセットしたら、自分を激励するよ

疲労困憊であれば、何が辛いのか自分でよくわからなかったりする。原因は必ずあるため、原因追及は後にしつつ、いまへろへろなのに頑張っている自分を褒めよう。「エライ!」「よくやった!」「さすが!」短い言葉で鼓舞していく。

他人に共感されても一時的

共感者は大事なのですが、要求は強まり、他人を利用して心を満たそうとする。自分を満たせるのは、自分だけ。他人は満たす役割にならず、満足したつもりになるだけ。このメカニズムをご存じであれば、他人に取りすがり依存せず、自分で回復できるようになる。

時には、好き勝手なことを言い人を傷つける発言をする他人は、相手にしない。疲れていると、良くも悪くも言葉が心にしみる。ゆえに、自分の尊厳は、自分で守り自分を褒めたたえていく。あなたはオリジナルの魅力ある人だから、他人へ自己主張をする必要はないのよ。心が満たされず可愛そうな人は、必死にアピールするから、無視しようw無視すると、別の聞いてくれる人を探すから、変なのはわかりやすい。指摘して理解できる人は、マウント取らないので、徹底的にスルーしよう。

スポンサーリンク

セルフケアを習慣化していく

自分でメンタルケアをする必要性を理解したら、生活習慣に組み込んでいこう。わかったつもりでいても理解していないと、言い訳をしてセルフケアを怠るのだ。もやもやが強まると日増しに悪化する。もやもやを消すには、自分でメンタル対策をしていくのだ。

納得いかない理由をピックアップしていき、解決する方法を検討する

納得いかない理不尽なことは、ありすぎる。だから、弱者は病む。力がないくせに、大口を叩く上司のパワハラに耐える場合、強く言い返すのは効果的だった。パワハラ上司は、逆らうと大人しくなり、大声で泣く狂犬のようだ。

自分が正しいのに、尊重されていない

不当な扱いを受けていると感じるから、納得いかないのだ。であれば、主張しよう。相談しても改善しない環境に価値はあるかな。見切りを付けるなら早い方がいいわ。

私は、正しい。よくやった!

深呼吸しつつ↑のような肯定をしていく。心が満たされる文言は、人それぞれなので、お好きな言葉を探していこう。正常な判断ができるようになり、自分を取り戻したあなたは正しいのだ。盛大にエールをおくり、応援団長は自分でやろう。

いつ、どこで、何を、どうしたら楽になるか、しんどい理由を心に聞く。答えがわからなければ、寝る。睡眠チャージしたら、自分に再質問していこう。

雇われ労働者に向いている人と向かない人がいる。カリスマ性があり、主体的に動きたい人は、サラリーマンが合わない。人に指図されるだけで、ストレスがたまる方は、独立起業なさるといいかもね。自由は責任がともない、自分で責務をはたせるならば、サラリーマンやる時間は無駄でしかない。独立の種まきは早い方がいいね。組織に居場所を求めるならば、自分に合った会社に所属しよう。

しんどい理由を掘り下げる。物事は必ず原因と結果があるものだ。問題をあいまいにしていても、解決せず苦しくなるばかり。寝て疲れを取ったら、何が問題か理由を探そう。

会社で嫌なことがあった。会社員あるあるですが、辞めるか我慢の二択だよ。

日本人は無駄に耐えるから、過労死が増加し労働環境は悪化するのだ。環境がヤバいうえ、変な同僚がいたら、目も当てられないw あなたの時間を無駄にすごしていいのかな。見切りをつけるなら、自己責任で!一週間で退職するのと、一年で退職するなら、前向きな選択はどちらかな。一週間で見切りをつけ、新天地で活躍できるなら、決断は早い方がいいよね。仮に、一年いたらストレスが増えて病気になる可能性が高まるだけでなく、病気になっても会社は助けてくれない。

どのような自分でいたいか、どうすればなれるか

好きなことを仕事にしよう。組織向けの人は、会社員でいればいいし、起業したいならやってみよう。但し、独立するなら種まきは入念にしようw 生計を立てられる見込みがあるなら、思い切って独立すると、ノーストレスの環境で水を得た魚みたく生き生きするわよ。リスクを恐れ、現状に不満を抱え、何もしないのがヤバいのよ。どうありたいかが重要なのだ。

日本人はメンタルケアが遅れている。自己メンタルケアは、自分に合った方法でやろう!

メンタルケア対策について、日本ほど遅れた国はあるのかな。一方で、名乗れば誰でもできるカウンセリングは怪しいと考えている。合えばいいけれど、やってみて高額を支払ってから判明するってのがオチだから、高リスクなのです。

心穏やかでいられるよう、日頃のメンタルケアをしていく。顔を洗うように習慣化していく。但し、通院中の方は、医者にご相談されてください。日々のストレスや軽度の疲れの方は、自分で回復できるのではと考える。

十分な睡眠を取り、自分を褒める

「週休二日じゃ回復しない!」ってほど疲労困憊ならば、回復するまで休もう。休めない、働かないとのように無理をすると倒れるわよ。そうなる前に休む。寝たら、自分を褒めたたえ、ご褒美をあげましょう。現物は効果が見込める。それ以上に、自分で自分を激励すると、自分で満たせるようになるのよね。自己肯定感が高め安定をコントロールする手法は、試行錯誤していき、ぐっとくる誉め言葉を繰り返し言いましょう。

ストレスが和らぐと、やらなくなる人がいます。ストレスの多寡に関わらず、毎日褒めると情緒が安定されるのだ。で、楽になるため、生き生きする好環境なのです。お試しあれ!

関連コンテンツ

フォローする