心によりそい、心の叫びをきく

スポンサーリンク

リラックスを習慣に

体調を整え、心身が健やかになりたいと願います。最近、手のツボ押しにハマり、細切れの時間をみつけては、手をコロコロと解しています。

ころんとしたフォームに突起があり、手の中で転がすと、心地よくなります。足のツボ押しをするこの手の道具は、以前から利用しており、効果はなかなかですね。

手のツボ押しは、どのくらい効果が見込めるか、楽しみです。コツコツと習慣にしながら、気長にやってみます。

スポンサーリンク

心を健康にしたい

「病は気から」です。毎日、楽しいことや嬉しいことを考え、脳内を好環境にすると、幸せは引き寄せられるものです。一方で、ぐだぐだと落ち込んでいたら、心が蝕み不健康にまっしぐら、ではないでしょうか。

良いものは取り入れて、習慣にする。落ち込んでも思考・行動を切り替えて、果敢に進みたいものです。その時、負を連想させる思考は不要なので、もし脳内が不安なフレーズで充満したらどうするか嫌な思い込みの癖を取り込まないように、考え方を変える努力をしています。

心で感じる

不安なことを考える癖は、訓練で治せるそうです。頭でぐだぐだ過去の記憶を思い返して、反芻させるのではなく、先ず、頭から心にスイッチを切り替える。慣れると次第に出来るようになります。心はどう思っているか、心に視点をおいていきます。

心の叫びを聞く

最初は心が何を思っているか、分からないかもしれません。封印されねじ込められていた子供の頃を思い返せるように、「心は何て言っているか」繰り返します。過去を追って小さい時に抑圧された感情まで、辿り着くことが大事です。共感もいいですが、虐待された当時の自分を、励まし寄り添う。

間違った毒親教により、心にいる自分を自分で責めると、更に疲弊しませんか?! 自分の味方になれる人は、自分だけです。責任感が強く、瀕死の重傷なのに、全力疾走を要求するようなものだ、と思います。

いま苦しいのは、間違った教えが心に取りすがり、それを妄信しているからです。自分で自分を傷つけず、まず自分を信頼する。

私は自分を楽にさせ、不必要に不安になり責め続ける癖を根底から払拭しながら、心を解放しています。本気で治したいので、色んな事を必死で取り組んでいます。頭で理解するんじゃなく、本質を心で感じ取ることができるようになると、早いです。

心がなんて言っているか分からないときは

最初は分からなくても仕方がないと思います。突き詰めてやっていくと、理解できるようになります。マジで真剣に「自分を取り戻したい」「いつの記憶が苦しいか聞かせて欲しい」「どうした?」と何度も、心に手を当てながら、自問すると、苦しい理由が明白になりましたよ。

心の叫びを聞く練習をすると

脳で抑え込み、心を無視していたか

わかるようになります。

そして、自分に申し訳なく思う・・・

何度も繰り返しますが、まずセラピーに行って欲しいです。今は自分で心の叫びを自問する練習ができるようになりました。ですが、セラピーの学びがあったから、今につながっていると、確信しています。セラピー選びはいつか書いていきたいと思います。

心に寄り添えるようになるには、「本当はどう思っているか、どう感じているか」を胸に手を当てながら自問する。最初は難しいですが、引き出してもらううちに、自分で出来るようになりましたよ!
 

常に自分に厳しくすると、壊れます

「あなたは何も悪くない」みたくご指摘下さり、どんだけ心が軽くなったか!休んでいても罪悪感を植え付けられるよう、洗脳されたのだから、相当です!しかし、間違っていると気づいた。だから、無意味な厳しさを受け入れる必要は、ありません。洗脳は自分で壊すのみです。

自分の心が一番。心の気持ちを大事にすると、穏やかな毎日が手に入ります。
最初は、心に聞くことは難しく、疑心暗鬼でした。斜めに見る視点も取っ払い、強がらず素直になれるよう、必死でした。コツさえつかめば、できるようになるので、まずは、信頼できるセラピストに心を持ち直していただき、学ぶ。その後は、訓練あるのみです。
 
心穏やかに暮らしたい方や前向き脳になりたいと願う方を応援しています。世界は愛であふれている❤
関連コンテンツ

フォローする