北京国際空港(T3)にて徹夜する

スポンサーリンク

今年の中国旅行は、ハードだった

ほぼ毎年、中国旅行をしています。北京や上海は庭のようなもの。なのでパスポートは、中国のハンコでうめつくされています。今年はどこに行こうかなーと、オンラインレッスン中に話したら、「じゃ、来てよ!」とある講師にお誘いを受けた。

ノリで、済南へ行ったよ!

私の旅は、旅行会社を利用せず、個別に航空券やホテルを予約するスタイルです。ですが、中国旅行歴が長く「地元のようなもの」と始めての土地なのに、妙な安堵感を持っていたのが仇になる。

なかなか、ハードな旅になります。日本を出国してから、北京にて国内線の乗り換えをするはずでした。が!トラブルに巻き込まれて、搭乗できず、北京国際空港(T3)で徹夜。

北京国際空港(T3)は、真夜中も大勢の人でごった返し、安全です(笑)携帯の電源は、もちろん充電できます。
 
 

まさかの空港での徹夜!

翌々日にならないと飛行機に乗れないとか言うので、渋々高速鉄道で移動を目論むも時すでに遅し!万事休すゆえ、翌日早朝に北京南駅へ向かい、済南まで高速電車で移動することに。

済南にて噴水鑑賞を楽しむ

 

飛行機トラブルに巻き込まれた時は、夜だったので北京市内のホテルを探す気力が無く、そのまま徹夜を決行!

とほほほほ。中国旅が好きなので、何十回も渡航していますが、こんな目に合うとは・・・・。

空港内のスタバがお勧め!
中国だからなのか、営業時間があいまいで、従業員さんが店じまいをし清掃が入っているのに、皆さん平気な顔をして、コーヒーを片手に徹夜モード全開。別の場所に移動する気はなさそう・・・・。なので、私も便乗して、スタバにて退屈な時間をネットしながら過ごしました。スタバは電源があるし、カフェオレを飲みながらマフィンをつまみ、至福の時間をすごしましたよ。
 
 
スポンサーリンク

今では笑い話ですが、飛行機に乗れないと知り大慌て!

キャンセルするにも、翌々日の便だと搭乗できると言われ、空港で愕然としました。仕方が無いので、開き直ってからは、快適な徹夜ライフを過ごすために、寝っ転がれそうな場所を探しました。

北京国際空港(T3)は安全かを調べると、大丈夫とのことで、一安心。

女一人で徹夜しましたが、平気でした。貴重品があるから、睡眠は諦めて、ひたすら起きて睡魔との戦いでした(笑)

翌朝のヒヤリ

北京南駅から高速鉄道に乗りますが、北京市内には、北京西駅もあります。私はシャトルバスで移動をする予定で、担当に聞くと「北京西駅」を誤案内される。よくよく見ると「北京南駅」は別の場所だったので、危なかったです。

信用してバスの行先や看板を見ず乗車すると、またまた災難にみまわれるところで、ヒヤリ!

一度、アクシデントが起こると、物事に動じなくなります。もう二度と嫌ですが、北京国際航空(T3)の徹夜ライフは、比較的安全で快適でしたよ!

帰国してから、もう二度と中国は行かないとまで思いました。ですが、根っからの中国大好き人間ゆえ、次はどこに行こうか検討しています。のど元すぎればあつさを忘れました・・・・。

関連コンテンツ

フォローする