髪をダメージから守りたい

スポンサーリンク

老化はすぐにやってくる

誰にでも若い頃はあるように、さっきまで二十代だったのに、気が付けば(略)あぁ、早かった・・・・。

直毛だし真っ直ぐなストレートヘアーはトレードマークでした。年齢を重ねると、髪の毛に癖がでます。学生の頃、お友達のお母さまに聞きました。「年を取るんだん、くせ毛になるのよ」とのこと。

本当だ・・・・

くせ毛というより、うねりが出るような。しかし、私は超直毛すぎて、まとめ髪がしやすくなり、多少のうねりはウエルカムなのです。ストレートすぎると、髪をまとめにくく、かっこつかない。だから、今のほうが気に入っています。

スポンサーリンク

安いシャンプーもご法度

いち髪がお気に入りで使っていました。ですが、年齢に勝てず、日増しにきしみが目立つようになる。あわわわわ。対策を練らないと。

高いシャンプーを使用した方がいいか

色々お試し中なのですが、結論から申し上げると、値段と質は比例すると実感しています。コンディショナーやトリートメントを使っているのに、安いシャンプーは、きしむんです!!まるで、シャンプーのみみたいな感じ。

老化は誰にでもやってくる

スキンケアと同じ考え方ですが、どこまで経済的にお金をかけられるか、なのですよ。色々と使ってみて、やはり高級品は、指通りがよく若い頃のような、さらっとした感じ。

誰も気にしていないよ!
これを言っては元も子もないけれど、自己満足の世界ゆえ、どの状態で妥協ができるかが鍵だなと思う。自分が考えるほど、誰も見ていないんですが、ばっさばさで艶がない髪は、抵抗があります!
 
 
まとめ髪にしちゃう?
いつもまとめ髪をするのも、ちょっとね・・・・。キツく縛るとフェイスラインの髪が抜けやすくなるのです。まとめた髪の表面にも艶が欲しい。
 
 

良質なシャンプーを探す、ジプシーになる

どれにしていいか、決定打に欠けて、シャンプー探しのジプシーと化しています。

1. きしみを抑える

2. 艶をだす

3. 髪の奥まで栄養を

4. 価格帯  

要望を満たすシャンプーに出会えるまで、シャンプーハンターになります。おばあちゃんの髪って、ごわごわしていた印象があります。やはり、理由があるんですよ。

老化を楽しみ、恐れない!そう願っています。若い頃と変わらない美を保っている芸能人は、いいものを使っているからこそ、美しいんだなと痛感。私も、経済と相談しながら、可能な範囲でキレイでいたいものです。

くせ毛に憧れていたので、多少のうねりは大歓迎!
 

関連コンテンツ

フォローする