【稼ぐ】ブログの収益化は、ユーザー目線で価値を提供できる方が向いている

スポンサーリンク

収益化を成功させるため、ユーザー目線は必須。心に響く内容を発信しよう。

ブログが向いている方は、地道にコツコツ書ける方です。加えて、人のために親身になり、喜ばれる内容を提供できれば、結果はついてきます。仮に、調べものをしていたら、どのような文言で検索するか考えていこう。タイトルは超重要なので、記事を集約しつつ、読みたくなるよう魅力的にするといいですよ。

どんな文章を書こう?

好きなことを書きましょう。

好きなことは続きます。

続くから書きたくなります。

書きたくなるから習慣になります。

習慣になると生活の一部になります。

ブラック経営者のようにがっつり書くと、あっという間に1~2年たちます。すると、得意なジャンルが浮き彫りになります。準備体操を終え、スタートラインに立ち、満足してもらえる。御の字ですね。ブログを始めたばかりの方は、需要と供給より、書きまくるのです。

具体的にぐいぐい書こう

中途半端な内容は、いらない。信頼を得るには、結論を先に書きつつ、「知りたい情報だった!」のような超リアルであれば喜ばれますよ。逆の立場になって考えるといいのだ。いつ・どこで・誰が・何を・どうするか、詳しく知りたいから調べます。中抜けしていたり、抽象的であれば、読む価値はないです。情報提供の本気度は、文章から伝わり信用と直結します。人を喜ばせる、欲しい内容をジャブジャブ発信しよう。

スポンサーリンク

最初の1~2年は投資期間のようなもの。まず与える、そしてリターンを得るのだ。

ブログ部さんの記事を見ながら、定期的なもやもや「飽きる・面倒・稼げない」3大ネガティブを払拭し、心新たに頑張りました。声を大にして言います。「一年やそこらで収益が発生するって、どんだけ怪しいビジネスなの?甘い話はない」

ブログ界隈にて結果が出せず文句を垂れている方は、間違った努力をされ認識していない方が多いかも。一年や二年は準備体操のようなもの。フルマラソンに出場するより、完走を目指すため適切な練習メニューをこなしていく。土を肥して種をまき、水やりをしながら害虫退治をします。努力が実を結び、晴れて収穫できます。

家庭菜園が好きな方は、ピンとくるはずです。野菜に合う土を選び、畑でせっせと丹精込めて育てる過程が大事。収益化を忘れて、投資として書きます。時給脳から経営脳に切り替えます。作業量を時間当たりでうんぬん・・・・と考えない。

書くことが好き

ブログをが好きだから、楽しめます。楽しめるとハマります。相乗効果をねらうと、夢中になりコンテンツが増えます。

1年で結果が出せる人は、経験者かも。比較せず、書こう

半年で諭吉100人達成!のような夢物語は、経験者が複数ブログを開設しています。世の中なめすぎです。努力なくして簡単に稼げるなら、大流行しているはず。信用したい情報に流されず、書くといいです。経験者の成功談はためになる一方、雲の上の人より、同じ土俵にいる人をお手本にします。人と比較すると、最初は凹むかもしれません。苦悩する暇はありません。オリジナルあふれる情報発信をしていきましょう。

体験談は、貴重なコンテンツとして大化けするかも

体験談はオリジナル性にあふれ、ありがたい情報です。アクシデントさえも、収益化につながる可能性を秘めています。困った時こそ、じゃんじゃん情報提供されると、喜ばれ信頼関係となります。出発から経由をして到着する。全行程で得られた知識は、他の人が知りたい情報になる。ビジネスは人を喜ばせる道なり。体験談はメリット・デメリットを書くのです。ものごとは表裏一体のうえ、デメリットを踏まえて情報を入手していきたい。

旅行の体験談として、チケット購入方法、見どころ、食事、お土産などねっちりと書きます。人により調べている情報が相違するので、ユーザが求めている内容は多種多様です。もったいぶらずコンテンツを発信しよう。経験値と比例して、読まれやすいジャンルがわかるようになります。

意欲的に情報収集や発信ができる方は、今すぐやろう!

副業を本業にすることは、可能だと思います。コツコツ書くとブログにハマる。どこかで面白い経験をしたら、とにかく書きましょう。人の心に響く内容は後からついてきます。出来ない言い訳をするなら、やってみる。ブログは内容次第で追い風になるかもしれない。でも、だって、は捨てる。ブログの面白さを知ると、稼げるようになり、ユーザーも満足なさり一石二鳥。迷っている時間がもったいないので、直感を信じよう。読んでもらえると励みになり、人の役に立てる実感がうまれ、モチベーションが高まります。

はじめはみんな初心者

最初の一歩は、誰もが通る道なのです。道に迷いながら突き進むと視野が広がります。経験を積むと、ユーザー目線かつ本質をついた記事が見えます。一生懸命もがくのです。副業を本業にする大きな野望を胸に秘め、基礎を身につけ、発信を楽しもう。

関連コンテンツ

フォローする