いまできる、小さな徳を積む

スポンサーリンク

急げ!新ドメインは早いもの勝ち!

小さな徳を積み、幸せ貯金を増やす

小さな善行を続けたい、いまできる範囲で徳を積みたいなと思いました。私に出来ることは、何だろう・・・・考えてみた。

家の前にゴミがあれば、拾う

簡易なゴミ箱が設置されており、主にポストに投函された不要な用紙を捨てることができます。用紙が散乱して、ゴミ箱周辺がぐちゃぐちゃな用紙だらけになっていたりします。

そんな時、率先して用紙を拾い、ゴミ箱に捨てよう!これを私の小さな善行としようと思った。

駐輪場にて自転車が転倒していたら

元に戻す

駐輪場の自転車は、みごとに将棋倒しのように転がっていました。それを一台ずつ元に戻してみました。私は数台を定位置に置き戻しましたが、晴れやかな気持ちになりましたよ。

スポンサーリンク

見返りは求めない

決して見返りは求めず、美化委員になったつもりで、小さな環境改善に貢献していきます。見返り=恩を売る、つまり自己承認を得たい行為なので、見返りを求めているうちは、善行にならないのではないでしょうか。

簡易ゴミ箱に散乱するゴミを定位置に捨てる件を続けると、誰にでもできる簡単な善行は、いくらでもあるなぁと思いました。

他にできそうなことは、デパートのトイレを綺麗に使用する。綺麗好きなので、「私の後に使う人は、気持ちよく使えますよ❤」みたいなところでしょうか。

重要なポイントは、出来る範囲でやること
義務化すると心がしんどくなるし、さらっと風のようにこなせる事をしていく。ボランティアというほど、重苦しいものではありませんが、環境美化されると、他の住人も住み心地が改善されます。

神様は見ている

徳を積みたいな・・・・と考え、気軽にできる小さな徳につき、周りを見渡すと、出来ることはあります。心が不安定な時に、無理してまでやらなくていいと思います。安定している時、率先して可能な範囲でやればいいのです。

小さな善行を習慣化すると

前向きな心が育つような気がします

キレイ好きなので、美化を行うのは、自分に合った方法だと思います。無理せずできることを、コツコツとすればいいのです。善行しなきゃ!徳を積まなきゃ!等と、気構える必要はありません。

環境美化に慣れると、ゴミを拾うことは普通の行為になり、新たな徳を積みたくなるのかもしれませんね。でも、決して無理はしない。自分が気軽にできることを、継続するのみ。 

自転車が転倒され、定位置に戻し終えたら、気持ちが良く何とも言えない爽快感を味わうことが出来ました。

幸せは足元にあるって本当でした

私たちの行いは、いいことわるいこと全部、神様が見ていると思います。先日は、コンビニでコピーを取ると、おつりが多くありました。100円投入し、30円使用したので、70円のおつりが正しいです。しかし、釣銭口からおつりを取ると、490円ありました。

店員さんに事情を話すと

前利用者は、お買い物中だったので、無事におつりが渡せました

少額なので、こっそり自分のおつりとして、知らん顔できました。ですが、私はみみっちい行為は嫌だから、すぐ店員さんを呼びました。このような小さな善行をすると、とっても気持ちがいいな、と感じる今日この頃です。

関連コンテンツ

フォローする