【2019年の目標】やりたいことをチャレンジしよう~卓球上達・自由人として生きる

スポンサーリンク

2019年チャレンジしたいこと、ベスト1~卓球のカット・サーブ・レシーブ練習

やりたいことがあり、チャレンジできるって有難いことです。2018年にノリで始めた卓球なのですが、ハマりすぎて今現在は、複数にて所属しながら練習しています。相手があってこその卓球です。練習するなら強い人とやりましょう。初心者を脱したので、ビギナーレッスンでは相手が弱すぎてラリーが続かず面白くないですw

卓球の基礎である、フォア・バックが打てるようになったら、やっとスタートライン

打ち方を見たら、経験者か自己流かが分かるようになりました。フォア・バックが打てるようになってからが勝負です。卓球はドライブをかけてなんぼです。様々な回転があるので、ようやく柔軟体操を終えたような感じでしょうか。楽しみましょう。

つっつきは、ラケットの下側に球を当てる

「つっつきから先は長いですよ!」のようにコーチに指摘されました。ですが、運動神経の良さが相まって、つっつきのラリーは楽勝なのですよ。習い出してすぐに習得できた。ラケットと球の感触を体感で覚えていく。慣れです。

つっつきのラリーが可能になれば、サーブ練習

つっつきには、フォア・バックがありまして、それぞれ連続してラリーが出来るようになったら、サーブ練習をします。

サーブ・レシーブが打てるようになれば、試合に挑戦しよう

国際卓球さんで習っていますが、今やビギナーレッスンは「初めてラケットを持つ方」「卓球歴は長いけれど、目的意識が楽しみながら運動したい方」など真剣に上手くなりたい方と温度差を感じます。それだけ自分が上達したから感じる温度差なのかもしれません。一方で、友達との練習は、経験者ゆえ上手すぎてお互い練習にならない面があります。レッスンで教わり腕を上げながら、友達と練習するのがベストかなと今は思います。

レシーブが打てるようになって、一人前

卓球台に球が当たってから、球は右や左に変化するから、ある程度予測しながら体を柔軟に動かせるよう準備する。もうね、最初は超上手い人のサーブは、打てる気がしなかったけれど、センス次第で出来るようになります。本来の運動神経やセンス、そして練習時間が全てではないでしょうか。

超上手い友達と練習しつつ、友達に追いつくために卓球レッスンに参加していき、今年も卓球にのめり込みたいな。いい汗かくと成長ホルモンが分泌されてストレス解消に繋がるので、一石三鳥の勢いです。顔見知りが増えるしハマれる趣味っていいね!

卓球レッスンでは、年齢層が高いおばあちゃん・おじいちゃんがおります。彼らに「練習相手がいない。どこで誰と練習しているの。」とよく聞かれます。確かに球技は相手あっての練習です。私は友達に誘われて始めたので、練習相手に恵まれています。基礎を学びたければ、卓球教室で習うのをおススメします。自己流だとグリップの癖がつくし、経験者に追いつくには、教わるのが一番ですよ。

友達と練習しつつ、複数の卓球教室に通い習う。コーチは固定した方がいいかも。

去年を振り返り、「ただラリーが続くだけで、試合で勝てるか微妙かも」と実感したのです。私の友達が上手すぎるのですが、強い人とラリーが続くのと、試合で勝つには別の戦略が必要であると思います。練習時間を増やすために、友達と練習していく。一方で、コーチを固定して一人から教わる。コーチを固定する理由は、人によって言う事がバラバラで混乱するのよw

褒め上手で上手いコーチがいいかな。人によって厳しいコーチがいい方もおられるでしょう。ですが、趣味の卓球でダメ出しされると楽しくない。いつか嫌になる日が来る可能性があります。それなら、いつも「いいね!」と言って下さり、褒めて伸ばしくれるコーチであれば、レッスンが楽しみになります。

本格的に卓球を始めてから、暇な時間は一秒もございません

今までは、休暇タイムに何をしていたんだろう・・・と思いますね。今が充実している証拠です。関東界隈は、卓球教室やクラブチームが豊富にあるため、好きなコミュニティを選び放題です。関東在住の特権かな。コミュニティが合わなければ、別のコミュニティに所属すればいいし。

スポンサーリンク

猫かうさぎを飼う

ブリーダーさんのサイトを見たり、ペットショップへ行っては「猫飼いたい病」になります。うさぎも可愛いな。犬は散歩をしたがらないならいいのですが、しつけは最初が肝心なので、猫の方が飼いやすいとペットショップのオーナーさんが太鼓判を押していました。

癒される

ペットと暮らせば、生活に潤いが増し癒しと直結します。好きな時に食べて寝て遊ぶ。もう、生まれ変わったら猫になりたいwヒカキンも猫を飼いだしたし、近い将来の目標は、ペットと暮らしたいなと考えています。

自由人として生きるために、地盤を築く

とどのつまりは、会社員が嫌なんだよね。会社員として組織に所属すると、理不尽なことが必ずあるし超満員の通勤電車に乗車すると、ストレスがたまりとんでもなく疲弊する。いつまでたっても疲れは取れず、倦怠感が残る始末。

寝だめはできない

週休二日制だと毎日の疲れはリセットされす、土日に寝だめしてもリフレッシュされない事実を知りました。一日の疲れは寝て回復させるか運動する。現実的に時間配分を考慮すると、平日に運動時間は確保することは難しく、土日に偏ってしまいます。そうなれば、誰のための何のための人生なのか本末転倒になる。やってらんないね。

最大目標は、自由人として生きる

ネットが普及し定着したお陰で、いまは個人の力で稼ぐことが可能なのです。やり方を間違えなければ、家族を養うこともできます。例えば、新宿から渋谷に行くとき、内回りと外回りをミスらなければ最短距離で辿り着けます。個人で稼ぐことは、目的意識や高い志を持てば、トライアンドエラーするうちに、得意分野が分かるようになります。後は、作業量を増やしコツコツやる。

継続は力なりはマジだった

わずかな資金でビジネスとして生計が成り立つ可能性があるなら、時間の限り頑張った方がいいでしょう。社長に向いている方、夜行性の方、会社員として組織に所属したくない方、満員電車が苦手な方は、在庫を持たないビジネスを始めると、後から花開くかもよ。一年で放置するのは、論外です。コツコツと努力が出来る方を応援します。

自由人として生きる基盤を強化できたら、理不尽なことを笑い飛ばせる

例え嫌な上司がいても「将来独立開業するんだからな!」「力がない奴がデカいこと言ってればw」のように、スルー出来るようになるんだな~。力がないから、デカいことを言う。仮に、力があれば謙虚だし、「実るほど頭を垂れる稲穂かな」を地で行くような感じです。小手先でパワハラする可哀そうな人は、軽ーく流せるスキルが身に付きますよ。

まとめ

今年も卓球にハマる。猫かうさぎを飼う。自由人として暮らす基盤を確固たるものにする。このような感じでしょうか。やりたいことベスト100!とか、100もあるかいw 無理やり書くなら、本当にやりたいこと優先順位ベスト3の方が、具体性があり現実化しそうでいいですよ。

このように書くことで、振り返りもできますし、書くと「やらなきゃ」といったように、自分を鼓舞する効果があります。最終的には、好きなことだけして暮らしたい。年末に達成感を味わうために、つらつら宣言してみました。皆さまもやりたいことを宣言すると自己暗示にかけたようで、モチベーションがあがりますよ。やりたいことをやり、好きなことして暮らしたい方を応援します🌈

関連コンテンツ

フォローする