スポンサーリンク

【卓球】初心者の壁である、バックハンドのコツ~車のワイパーみたいに振ろう【基礎】

スポンサーリンク

バックハンドのフォームは、ブーメランを投げるように打つのだ

卓球を習得するうえで、バックハンドは超重要なのよね。初心者の壁である、バックハンドをマスター方法を洗い出していくわよ。ざっくり説明すると、ブーメランを投げるイメージなのですが、初心者はボールをラケットに当てるだけで精一杯だったりする。

 

ボールを打ったら、右上まで振り上げる

スイングしいるつもりで、ボールをラケットに当てたら終了ってのは、初心者あるあるなのだ。ブーメラばンを投げるように、左から右上まで丁寧に振る練習をすると上達するよ。

 

卓球コーチと練習しよう

バックハンドは、コーチや経験者と練習する方が、コツをつかみやすい。超初心者同士ではラリーがほぼほぼ続かないため、可能であれば卓球コーチに教わりマスターしていく。上手い人は下手な人をミスさせないよう、安定した打球を出してくれるよ。

 

ラケットは大袈裟にスイングする

脇を締めながら、ラケットをかなり大袈裟に振ろう。正確なフォームで打球しているつもりが、ラケットを押し当てるだけで満足し、自認していないのだ。かなり大胆なフォームで、最後まで振り切るとコツがつかめるのだ。

 

左手はひじ上げて固定する

左手の位置は、だらりと下げず、ひじを上げて固定していく。バックハンドをマスターするうえで、左手は楽に上げてテンポ良くリズミカルに打つ。左手の位置とは、そういうものだと体感していく。上手い人の左手を見たら、一目瞭然なのだ。脇を締めつつキュッとしているよ。

 

体のセンターで打つ

腕を伸ばしながらラケットを振り当てると、体感バランスは不安定になりがち。フォアハンドは、体のセンターを意識しながら打つのだ。基礎は超重要なので、徹底的に叩き込んでいこう。理論より実技で覚え込むと、コツをつかみやすいのだ。

 

スポンサーリンク

車のワイパーみたく左から右へ、きっちり丁寧にスイングしていく

卓球にハマった大人女子に贈りたい。バックハンドをイメトレするなら、車のワイパーを思い浮かべていく。左から右へ確実にスイングする。鏡を見ながらスイング練習は、上達の秘訣かも。一方で、コーチにより「素振り禁止宣言」なさるかもしれないのだ。考え方次第ですが、間違った素振りをするかもしれないため、素振りは超初心者が一人で練習すると危険な一面があるかも。

 

ひじを軸にしながら、車のワイパーを思い描く

車のワイパーは、一定間隔で扇形をえがき、雨を除去します。ワイパーの先は指のようなもの。右ひじは動かさず固定し、やや前に突き出したら、左下から右上まで一気に振ろう。

 

ラケットの角度を意識しながら女子は小ぶりで打つ

バックハンドを安定して打つには、ラケットの角度が鍵になるわよ。卓球台に対してラケットをやや水平にしていくと、コツがつかめるのだ。ラケットを垂直に振ると、ボールは華麗なるホームランに・・・・。

 

角度が全て

練習するうえで、ラケットとボールが当たる時、角度を意識しよう。角度を安定させるには、一球を大事に打っていく。フォアハンドは、ラケットの角度を訓練していくと、次第に慣れるのだ。

 

毎日10分

1週間に1回1時間練習するより、毎日10分やる。分散すると体で覚えやすいわよ。「そんな時間はない!」というあなたは、教え方が上手で褒める教える卓球コーチを探そう。バックハンドを習得するコツは、いまの打ち方を熟知している方に教わるといいですよ。あなたがバックハンドをマスターする秘訣は、経験者の古い知識を必要とせず、無駄がない今の打ち方を身につけていく。

 

女子限定の秘訣は、小ぶり

バックハンドをマスターすると、小ぶり打法の重要性を自認しますよ。女子の超上手い人を観察してみたら、振り幅は小さめで安定しているのだ。振りは小ぶりだから、体力は温存できるうえ、無駄な動作がなくなりラリーのスピード感は増す。

 

小ぶりバックハンドをされる上手い女子を探そう。彼女をお手本にしながら練習なさると、ある時打てるようになるわよ。女子は同性と練習した方がいいかも。年齢性別多様な人とラリーした結果、腕力が違うので、同性と打ち込む方がためになるのだ。

 

動画撮影をしてフォームを確認すると、正確な振りをマスターするヒントが見える

動画撮影してくれる環境は、あなたを確実に上達させるうえ、意欲的になるわよ。理由は、ヤバい打ち方が浮き彫りになり、どのように打つか気づきがある。バックハンドをマスターするには、ラケットを振るのだ。ですが、バックハンドが不安定な要因は、ラケットを押し当てているのに、振っていると思い込む。

フォーム矯正する秘策は、問題点を抽出して自覚する。正しい打ち方を訓練していき、コツを覚え込んでいく。一度できたら二度できる。二度できたらもっとできるようになる。コツコツと地道に練習すると、センスがあれば「バックハンドはフォアハンドより簡単かも」って思えるようになるわよ。

動画にて、実際のフォームを見ると、バックハンド安定のコツが理解できます。お友達に撮影してもらうのもよし。コーチに撮影してもらうのもよし。文明の利器を有効活用しながら、バックハンドのコツをつかもう!