【節約】電気料金を比較して、光熱費を1円でも安くなるプランへ変更!

スポンサーリンク

毎月の電気料金を下げるには、電力会社の変更をご検討され、より安い会社に

2016年(平成28年)4月1日以降、電気の小売り参入が全面的に自由化されました。これにより、一般家庭や個人の商店を含むすべての消費者は、自由に電力会社を選択できるようになりました。

2000年3月に最初の自由化は開始され、大規模な工場やデパートなどといった商業施設での「特別高圧」地区において、電力会社を選べるようになりました。しかし、その名の通り、とても大きな電力消費を見込める会社のみ自由化されていた状態です。

その後、中小規模の工場やビルも電気の自由化が認められ、満を持して個人への選択権を許されました。

この機会を逃すのは、もったいない!

なので、毎月の電気料金を少しでも安くしていきたい方には必見です。電気の自由化により、新電力として新たな会社が電気販売することが可能になりました。ぐっと安くなるかもしれないので、まずは料金比較してみるといいですよ。

スポンサーリンク

電気料金は、基本料金で下げる

電気料金は、基本的には「基本料金」で下げます。使用電力量により、使用電力量に差異はあるものの、使用単価当たりの電気料金より、基本料金がどれだけ安いかで電力会社は価格勝負しています。

電気料金 = 基本料金 + 電力量料金 + その他消費税や再生可能エネルギー賦課金

まず、基本料金は、契約アンペアにより変更します。

20A(アンペア)は〇〇〇円、30A(アンペア)は〇〇〇円といった具合です。電気は、プラスからマイナスへと流れますが、A(アンペア)は、1秒間に流れる電気の量です。

転居する際、「契約アンペアの変更はありますか?」といったアナウンスがあるのは、このためです。そして、各電力会社は、いっせいに肝心の基本料金をいかに安くしていき、トータルの電気料金をセールスするか必死なのですよ。

使用電力料金の単位はkwh(キロワットアワー)となり、ある電化製品を使い電気を1時間使用した場合の電気量をさします。

基本料金:契約アンペアにより決まる

電力量料金:1kwh当たりの料金 × 使用電力量

となるため、基本料金だけでなく、1kwh当たりの料金や一ヶ月に使用する電力量を検討しながら、より安い電力会社へ変更するといいですよ。

しかし、先ほども申し上げましたように、基本的には、電気料金で価格競争をするため、契約アンペアをどのくらいにするかが鍵になります。

そのため、基本料金が0円であるLooop(ループ)電気は、消費者にとって助かる新電力会社なのです!

スポンサーリンク

実際、大丈夫なの?

地場で独占状態だった、東京電力や関西電力などの電力会社から新規参入した新電力会社へ変更して、大丈夫なのかな?といった不安の声があるかと思います。

ですが、安心してください。

何故なら、従来の電力会社は電力を発電して作り、小売会社へ電力を販売したのち、電力会社の送配電システム(電線や配電など)を使用して、各家庭や会社へ電気を供給しています。

電力独占時代は、この流れが一括して一社で行われていましたが、今は自由化により切り離しています。そして、小売販売が開始されてからも、送配電システムは、元々の地域電力会社(東京電力や関西電力など)が担当しているため、どの会社の電気を契約しても、電気が自宅や会社へ届くまでの運用方法は同じなのです。(発電は、新規参入可能です。)

自由化により電気を安く販売している会社で契約しても、元々の地域電力会社(東京電力や関西電力など)で契約しても電力が供給されるまでの経路は、全く同一なのです。

なので、電気料金は安い会社ほどいい!

実は、システムをよく理解していなかった頃は、新規参入してきた新電力会社は怪しいし、歴史と実績がある古くからの電力会社(東京電力や関西電力など)の方が、何かあったら安心じゃない?いや、そうでしょ!!と誤解していました・・・・

仮に、自然災害や何かあった場合も、新規参入した新電力会社と従来の電力会社(東京電力や関西電力)との差はありません。同じ送配電部門の担当者が復旧されるので、何も問題ないのです。Looop・東京電力・関西電力など一緒の扱いです。

スポンサーリンク

おすすめの方は?

電気の契約先変更にあたり、おすすめの対象者がいます。

それはズバリ、

個人は世帯数の多い家庭、または会社

実は、単身世帯や世帯数が少ない家庭の場合、使用する電力量がそれほど大きくないので、トータルすると一ヶ月あたり、数百円しか違わないのです。手続きが面倒かもしれません。一方で、数百円でも節約したいならば、契約なさってみてはいかがでしょうか。

なので、4人とか5人家族で毎月の使用電力量が大きい場合は、ぐっとお得になるのです。これぞ年間で勘案すると結構な節約になりますので、ご検討されることをおすすめします。

世帯数が多いと、電気料金だけでなく何かと出費が増えるものです。この機会に毎月の電気料金を比較検討なさり、電力会社を変更して電気料金を節約すると、経済的には少しでも潤いがますのではないでしょうか。

比較サイトはこちらです

電気料金プランを比較して電気代を今よりお安く!【電気チョイス】

 

関連コンテンツ

フォローする