不安な考え方をガラッと切り替える手法

スポンサーリンク

お名前.com

脳を不安に支配されない戦略

心配事だけ考えていると、脳が不安に支配されてしまい、嫌なことしか浮かびません。楽しいことを考える余裕がなくなります。私が試してみて、効果があった方法は、部分的に見ず全体で考える。出来事の一部にとらわれてしまい、そこにフォーカスしていては、全体像が見えません。なので、不安は部分的な出来事であると認識して、話の全体を見る訓練をする。

不安は希望の裏返し

不安の先には必ず希望が見えてきます。なので、不安だけに注目せず、乗り越える方法を勘案した方が、思い悩むより建設的です。例えば、登山をしていたとします。辛い山道の先には、頂上がある。景色を見ながら先を楽しむよう、しんどいことがあったら「いま、登山で言えば五合目」と進む先にはゴールがあると楽観視する。

スポンサーリンク

どストライクに悩まず、受け流す練習をする~ケセラセラ

悩みや心配に支配されると、そのことしか考えられず、無限地獄に迷い込んでしまいます。ただ苦しいだけです。悩んで解決が見られればいいのですが、あがくだけで有益な解決策を見出せないならば、悩みを受け流す発想を切り替えていく練習あるのみです。

生真面目に考えない、いい意味で適当に

「なんとかなる!」と思考を柔軟にするよう、脳に焼き付ける。繰り返すと、不安なことを考えても、楽に切り替えられるようになりますよ。自分次第です。実際、私はネガティブ思考の天才でしたが、考えをそらしたり、思い込まないよう訓練をしていたら、不安なことを考えても、スイッチが入り、思い悩まなくなりました。生きていて楽になれますよ。

思考を受け流す訓練とは

まず、睡眠をしっかりととる。そして、不安に支配される考え方や発想を捨てます。「今までなんとかなっているから、今回も大丈夫」のように、苦しいが楽しいに変わるよう、不安だけを注目せず、別の見方にしていきます。

習慣は日常になりますよ

小さなことですが、一つの不安に支配されたくないので、考え方を変える訓練をしていくと、めっちゃ楽になります。考えても仕方がないことは考えなくなります。人の思考は、努力によって無限に変化できるものだと実感しています。

冷蔵庫に食べ物がなかったら、どうしますか?

くよくよ思い悩まず、お買い物をしに行きますよね。解決できる問題であれば、行動する。解決が難しい問題ならば、一旦考えをやめる。人に助けを求めたり、相談するのもありです。見方を少し変えるだけで、とても楽に生きられます。思い詰めるのが得意な私でしたが、今後はどんな試練も乗り越えられそうですよ。

関連コンテンツ

フォローする