月初に入院すると、医療費は安い

スポンサーリンク

急な入院、医療費はどうなる?

保険内の治療につきましては、目玉が飛び出る高額な医療費にならず、差額ベッドに入院しない限り、ビビらなくていいですよ。大丈夫。但し、医療費は、所得に比例するので、稼いでいれば医療費はかかります。

急な入院に備えて、入院セットを用意しておくのも手。

慌てず騒がず落ち着いて。

スポンサーリンク

高額療養費対策として、限度額認定証を申請する

健康保険証の下に、加入団体が明記されています。例えば、全国健康保険協会(以下、協会けんぽ)・市区町村発行の国民健康保険・〇〇組合等と書いています。加入先の団体に直接問い合わせるか、職場の総務を経由して申請しましょう。協会けんぽは、HPより申請用紙がダウンロードできるので、必要事項を記載したら管轄支部に郵送しましょう。(低所得者は除く)

限度額適用認定証(以下、限)を入院時に持参していれば、医療費は、あらかじめ最低額となります。退院後に申請すると、3割支払ってから差額を払い戻しになるので、面倒です。

例えば、医療費は60万(3割)か18万(限を利用する)とする。限を利用して18万を支払い退院する。又は、一旦3割負担の60万を払ってから、後日差額の42万を払戻し請求する。

限を利用すると最終的な負担額は同じですが、差額の払い戻し請求をするより、一度で終わらせた方が断然楽ですよ!

  入院前に限を申請 退院後に限を申請
 退院時の支払い 18万 60万(3割)
 退院後、差額請求

▲42万(差額)

60-42=18万

入院するなら月初がお得!!

声を大にして言いますが、一ヶ月以内に入退院可能であれば、ひと月で入退院すると医療費は断然お得です。こーいう情報は、医療費に精通すると詳しくなるので、ご存じない方の為に共有します。

8月1日入院・8月31日退院(入院期間31日)

入院費の計算は一ヶ月毎(毎月1日から末日)なので、例えば8月に入院し退院すると、入院費は18万と仮定します。

8月16日入院・9月15日退院(入院期間31日)

入院期間は、8月と9月の二ヶ月です。

8月の入院費=18万 + 9月の入院費 = 18万

合算して36万になる可能性が高くなります。

限度額適用認定証は、優遇された制度

なので、医療費は極限まで押さえられています。どのような治療をして入院期間は何日間か等により、事情は変わりますが、入院する期間が二ヶ月にまたがると、トータル医療費は割高になるかもしれない実情がある。

緊急入院や日程を選択することが困難な場合を除き、余裕を持って入院することができるならば、ひと月以内の入退院をした方が経済的です。医療費マニアか何度も入院された経験がある方は、裏事情に詳しいのでご存じのことと思います。

一方で健康な方は、入院してから分かることがあります。数日間の短期入院は別ですが、長期入院するならひと月以内です。余計なお金は払いたくないし、入院するなら先生に入院日の相談をするといいかも。倍の支払いとか冗談じゃないっ!ダメ、絶対。

関連コンテンツ

フォローする