スポンサーリンク

【google】DMCA申立を取消す方法~本名が公開されたので消した【著作権侵害】

スポンサーリンク

【google】DMCA申立を取消す方法~本名が公開されたので消した

パクられたサイトを発見したので、勢いのまま著作権侵害を申立てたものの、個人が申請すると本名公開されます。被害者の情報が全世界に公開されるって知っていたら、慎重に検討したわよ!

 

ですが、ご安心ください。

DMCA申立を取消せば、恐怖の本名公開は回避できます。

 

個人の場合、本名と申立理由がネット上にて公開される

日本太郎さんは、「〇〇というサイトから記事全文と写真をパクられました。これこれこういう理由で・・・・」という申立てた時の文言がそのまま掲載される。

パクられた怒りで勢いのまま申立たものの、本名公開されてからDMCA申立のからくりを知った。パクられた被害者が守られない恐怖を理解しても後の祭りなのよ。よくある一般的な名前ならともかく、珍しい名前だと特定されそうでゾッとする。

パクった人は匿名でやりたい放題。著作権侵害が認められたものの本名公開ってどうよ?

 

一刻も早く、本名を消したい。

 

そもそも、申立てはgoogleが受理し、Lumenが情報公開サイトを運営しているようだ。別会社なので、申立取消はgoogleとLumenに申し出る必要がある。

 

申立は、googleのみ

申立取消は、googleとLumen

取消す時は二か所に連絡しなきゃならない。

 

 

スポンサーリンク

DMCA申立を取消す手順書

申立てた時の処理スピードは速いのに、申立取消はのんびりしている印象がある。何ヶ月も処理されず困っている方がいるようなので、最悪長期戦が必要かもと腹を決める。

 

2020.1.6 フォームにて、申立を取消す

2020.1.8 処理されているサイトとされていないサイトがあるので、処理されていないサイトを再度申立取消する

2020.1.17 googleにメール。「取消されているサイトと未取消のサイトがある。大至急処理して欲しい」のようなお願いをしてみた。

2020.1.20 googleよりメールあり。全サイトを申立取消しが完了した。

 

本名公開の危機は、2週間で幕を閉じた。やれやれ。因みに、申立は即日で処理されたのに、申立取消は2週間もかかった。いまは、フォーム経由での申請をしてから、対応を待つのみって・・・・。処理が遅すぎるので、メールで時系列に困っているので早く対処してよね!とお願いしてみた。

 

 

申立した時に返信があれば、メールでやり取りする。メールが無ければ、フォームで申請する。

2020.1.6 フォーム経由にて申立取消をする。申立した時にメール連絡がある方が楽かも。こちらのgoogleアシスタントヘルプフォーラムを参考にした。昔は書き込み出来たのに、最新では書き込み不可になってしまった。最新情報を入手しよう。

 

 

著作権侵害による削除 ダッシュボードで最新状況確認

いつ受理されたか不透明なので、常にダッシュボードを確認しながら、処理状況を確認しよう。

 

処理されたサイトと未処理のサイトがある。フォーム経由で二度目の取消し申請。それでも対応してくれないので、googleへメール

同時に複数サイトが処理されると思いきや、受理にばらつきがみられた。なので、フォームから二度目の取消し申請をする。しかし、待てど暮らせど連絡がない。

メールがない。ない。ない。ない。

googleへ時系列で状況説明をしつつ

「全世界に本名公開はご勘弁をw 取消しされない理由を教えて下さいな。一刻も早く処理願います。」のような文言。日時も書きこんだ。英語の方が対応が早いようなので、英語で送りました。googleへのメールは「removals@google.com」に送りました。

 

 

Lumenに取消しのお願いメール

いつメールしようか思案しましたが、同時進行を試みました。ですが、「googleからのメールを転送してね!おいそれと、消せないのだよ!!!」のようなご回答。あわわわわw

因みに、googleからメールは来ていないし、本当に本当に困った。

Lumen宛のメールは「team@lumendatabase.org」に送ろう。

【文面はこんな感じ】

著作権侵害の申立取消をしました。

サイトを削除願います。

https://www.lumendatabase.org/notices/該当する番号

 

 

googleから「申立取消ました」とメールあり

「順番に対応しているので、処理が遅くなりました。取消したよ!」のようなメールが来たよ。やっと本名公開の苦行から解放された。

 

拒否されたURL:申立取消をしたサイト数

詳細:復旧しました

 

 

 

Lumenが公開しているサイトから、本名が消えた

Lumenから「googleのメールを、転送してね!」のようなメールがありましたが、googleから「取消し完了メール」が来てからすぐにLumenの本名公開サイトを見ると、消えていました!よかった!

 

 

スポンサーリンク

まとめ

サイトをパクられた怒りが強く勢いのまま著作権侵害の申立てをしたものの、本名公開される始末。知ってたら、申立てていなかったわよ!

 

著作権侵害の被害者が本名公開っておかしいよね。パクった犯罪者を全世界に吊るし上げるべきなのに、意味不明だよ。

 

そして、厄介な手順ですが、落ち着いて対応すると個人情報は消せますので、ご安心くださいませ。

 

パクリサイトを見つけた時は、犯人を吊し上げる気満々でしたが、著作権侵害を申請すると本名公開される仰天事実を知り、どうでもよくなりましたとさ。