アフェリエイトで稼げない圧倒的な原因は、作業量が少ないから

スポンサーリンク

アフェリエイトは誰でも稼げる魅惑のワンダーランド。でも、稼げない人が多すぎるのは理由がある。

アフェリエイトは、初心者でもコツをつかみ継続して記事を増やしながら検索上位されると確実に売れるようになります。でも、稼げない人があまりにも多いのが現実なのである。

そもそも、記事をUPしてから検索上位表示されるには、時間がかかる。タイムラグが発生するため、三ヶ月~半年は欲しいところだ。でも、結果がすぐに欲しいからといって諦めてしまい、そのうち記事を書かなくなり諦めモードに突入するのがオチである。

成果が発生するまで、成功体験の修行の場

記事を書いてからすぐにぽんぽんと売れる訳ではないのが、アフェリエイトである。長期戦を要するアフェリエイトに焦りは禁物なので、コツコツと記事を書いていき、書いたら次、また書いたら次のように量産することをおススメする。

書いた気になっている

上位表示されてなんぼだ。なのに、記事を書いただけで満足してしまい、顧客満足度やどのような悩みがあり検索してくださっているか等、初歩的なリサーチがおろそかな場合がある。

誰に対して

どのような悩みを解決するために商品を紹介していくのか

徹底したリサーチが確実な手法だと考えている。

長文推奨の昨今だが、だらだらと無意味な文章をUPしても、購入につながる商品紹介にはならないと肝に銘じていこうではないか。そう、あなたは心に響く熱い文章でメリット・デメリットを踏まえてぐいぐいとハートを鷲づかみにするような気合が入った商品を紹介していないのではないだろうか。

スポンサーリンク

100記事書いたらやっとスタートライン

セフルブラック企業の社長になったつもりで、がんがんリサーチしつつ良質な記事を書いていこう。100記事書いてようやく準備運動終了といったところでしょうか。100記事書いてみると、得意なジャンルが見えてくるはずである。実際に商品を使い込み実感ある内容が書ければ御の字である。他には、興味があるものもいいと思う。商品知識があれば強く、メリット・デメリットがよくわかるので、文字に起こしやすい。

アフェリエイトで成果を出したいなら、書くしかない

しかし、上っ面の文章では、顧客の心に響かずたいした読まれず、せっかくサイトに辿りついてくれる方がいらしても、そっとページを閉じるのみで終わってしまうのではないか。どのような商品紹介が得意か、自ら楽しみながら発信できる商品を模索するのもいいと思う。

成果につながるまで、徹底した作業をしていこう

アフェリエイトで月5000円以上稼げている方は、ごくわずかである。長丁場の作業や結果がすぐに反映されないから諦めてしまうのだ。初心者は誰もが最初から稼げない。月数百万円を稼ぎ出すアフェリエイターは、何年も前から始めているセミプロのようなすごい方が勢ぞろいしている。

知識量が違うため、同じ土俵に立っていないのだ。書いて書いて書きまくり、コツをつかむと経験で得意なジャンルが見えてくるはずだ。何を売りたいか、何が売れるか微妙なのだがアフェリエイターは独自の活路があると思われる。上位表示されている商品こそ、あなたが得意とするジャンルなので、圏外から上位表示へ上昇するまで試練の道だと思って、記事を書いていく。

池に魚が多くいるかいないか

どの市場を狙うか、初心者アフェリエイターは市場の選定ミスをしがちだと思う。魚がほぼいない池で必死にエサをまいても魚は一匹も食べてくれない。完全にスルーされるのがおちだ。ただ、競争が激しいジャンルを選定しても勝ち目はあるだろうか。百戦錬磨のアフェリエイターたちといきなり戦っても、結果は目に見えている。紹介しやすい好きなジャンルを選びながら、池に魚がどれだけいるか想定しつつ記事をあげていく。

記事を書いてから1~2ヶ月で上位表示されることもある

同一人物が類似した文章で似たような商品を紹介していても、上位表示にはムラがある。全く不思議だ。ユーザーの心に響く内容を心がけているのに、上位と圏外の違いは何だろうか。運もある。熱い文章を読み手に伝わるよう、実感を込めて丁寧に書いていく。セルフブラック企業の社長になったつもりで、がんがんトライ&エラーを繰り返すとある日光がさすのだ。

商品選定は慎重に

売れる商品とは何ぞや。実に悩ましい問題である。というか初心者は、色んな記事を書きまくるに限ると断言する。作業量が少ないからPVも伸びず、見て下さる方が少ないという悪循環におちいる。これでは、売れるはずがない。商品を選ぶ基準は色々あるが、ネットで買えるもの。店舗にいくよりネットの方が買いやすいものがいいと思う。気軽に店舗へ行けるのならば、ネットで買うより実際に現物を見れるのでお財布のひもは緩くなるばかりだ。

顧客の心に響く熱意ある文章でありメリットだけでなくデメリットも紹介できればいいと思う。購入者の立場になってみると、デメリットこそ知りたい。数記事書いて、アフェリエイトをしているつもりにならず、最低100記事からスタートライン。そこからジャンルを深堀していくことをおすすめする。最低100記事と改めて考えてみると、「アフェリエイトで稼げない」とお悩みの方は、記事が少ないのではないかとドキッとなさるかもしれない。本気でアフェリエイトをしたいなら、結果を出して活路を見出したいならば、夢中になって記事を書いてみませんか。

可能であれば、商品を実際に購入して酸いも甘いも知りつくしていた方がいいのである。購入してからの経過を文章化することができるのは、強みである。不可能であれば、あなたが好きな商品を勉強して知識を得てから紹介していく。嫌なものや興味がないものを無理に紹介しても、人の心を動かすような文章は書けないであろう。アフェリエイトで結果を出したいならば、長丁場を覚悟して市場や商品知識を高めながら、どんどん記事を作って欲しいものです。アフェリエイトで活路を見出したいあなたを応援しています。

↓やはり、商品が豊富なA8はおススメです↓

サイトに広告を掲載してお小遣いが稼げる!【A8.net】

関連コンテンツ

フォローする