悲しみや寂しさを吐き出さないと、心が腐る

スポンサーリンク

悲しみの表にあるのは、怒り

かつて常に怒ってばかりで、友達から「何ですぐ怒るの?」と真顔で聞かれ、真剣に考えてみました。当時は、毒親という文言に市民権が無く、理由が分かりませんでした。そういえば、沸点高いなみたいな感じで、原因不明ですし、性格なのかと勘違いする有様。

答えは簡単でした

抑圧された悲しみや寂しさ

私は精神虐待をされ、「長女だからできて当たり前」と実母から継母のような嫌味ばかり言われて育ちました。嫌味や愚痴のみ覚えています。そして毒親目線による都合がいい時に限り、手のひらを返すように手柄にする始末。

悲しみや寂しさは

吐き出さないと心が腐る

衝撃的な事実が発覚しました。確かに、身に覚えがあるので、だから悲しみに蓋をして、怒りで表現していたんだなと思います。全てが点と線でつながり、腑に落ちましたわ。

スポンサーリンク

記憶の蓋をがばっと開いて、全てを吐き出す

一見、簡単そうに見えますが、キツイですよ。私はワークに通い、回復するはずが好転反応なのか、日々悪化してしまい苦しかったです。怒りを出し切っておらず、怒りで頭が爆発して、どうすることもできずもがいていました。これでもか!って程、出るわ出るわ怒りの嵐w

怒りを出し切ったら、次は

心の叫びは、悲しみに突入

悲しむことが分かっていなかったんですよ。どんだけ無理して、いい子ぶって自分の心を無視していたんだろうと思い知りました。「本当はこうして欲しかった、ああしたかった」と幼少期の自分がリアルに映し出され、要求を告げるのです。悲しくて寂しいから、聞いて欲しかった。やっと自分を無視せず、聞いてあげられました。

悲しみの放出は、想定外にキツイ。いつまで続くか不透明ですが、ここを出し切ると次に進めるので、ばんばん出しましょう。
悲しみや寂しさに蓋をして、誰も聞いてくれず、心が腐る。自ら主治医になったつもりで、マイオペですよ! 大人になってから気づいた人は、自分でやっていけるそうなので、臆せず前向きにいきましょう。
 
 
役立ったことは
自分で自分の心に自問自答する
 
例えば、悲しい原因が分からなくても聞いてみる
 
「どうした?何が悲しいのかな?」
最初は分からなくても、繰り返し聞いていくと、原因が見えてきます。先ず、今辛いこと。次に、その現状を呼び起こしている幼少期の癒えない記憶。幼少期の記憶に辿り着けたら、後は、自愛して共感する。
 
よしよし、ごめんね
気が付いてあげられなくて!
 
もう大丈夫!
悲しかったねー❤
辛かったねー❤
寂しかったねー❤
と、当時納得できなかった忌々しい記憶に対して、共感するだけで、心がじんわりとほぐれます。できるようになりますよ!

悲しみの記憶を出し切る時

何故か、3歳くらいの自分を思い出しました。で、がんがん泣いている姿なのですよ。何が悲しいのか聞いてみると・・・。

私は悪くないのに、人の話を聞かず、一方的に悪者にされた!

と怒り狂う3歳児がいました。ははーん。あの時だと思いましたよ。楽器を盗まれて、一方的に罵倒されているのです。まともな人は、幼稚園児相手に罵倒しますか?
 
 
この記憶を癒します
よしよし・・・楽器を盗難されたのに、あなたのせいにして御免ね。バカ親は無視していい。キチガイはもういないし私はあなたの見方だからね。エライ目に合ったね。繰り返し言い、よしよしと励ます。共感する方法は、反復肯定します。
繰り返すと、泣き叫ぶ3歳児の私は、笑顔の私に変わりました。すげーよ、これ・・・・。
 
 
このように、共感されなかった納得できない悲しみや寂しさを、全部吐き出す作業が必要なのです。本当に嫌なことは記憶から消すので、覚えていないこともあると思います。記憶があるやつだけでも、掘り起こしながら全部癒していく。
 
 
毒親にされて嫌だったことを公開しているブログは沢山あります。私はそんなことは、もうどうでもいい。どのように心の棘を抜くかっていう情報があまりにも無いので、自分が試してみて、効果があるものを情報提供していきたいと思いました。
せっかく五寸釘を抜く貴重な体験をしているのだから、惜しみも無くじゃんじゃん提供するよw 
 

関連コンテンツ

フォローする