Iphoneの携帯料金を格安にする方法~驚きの4,000円/月で契約しています【ソフトバンク編】

スポンサーリンク

普通は8千円程度かかりますが、私は4千円で所有しています!

ガラゲー全盛期を終えて、スマートフォンやらIphoneが市場に参入していますよね。ながらくガラゲーを使用していて、携帯を手放してから留学していたのですが、帰国後はIphoneが欲しくなり購入を決意するものの、普通ですと、一ヶ月に8千円もかかると。

げろげろ・・・・・高すぎる。でも、Iphoneが欲しい。ガラゲー時代は受け専門と言って過言じゃないほど電話をしない人でしたので、一ヶ月1300円だった携帯代が、一気に8千円になるのは困るなぁ。しかし、Iphoneは欲しい。さて、どうしてものか検討してみたら

データ通信代金を抑えると安く所有できると判明!!!!

スマートフォンの携帯代金は、主に1.基本料金 2.データ通信料 3.ウェブ使用料 4.端末代金の4つで形成されています。このうち、2.データ通信料を抑えると、ぐっと安く所有できることが判明したのです。

ポケットwifiを契約してネットを楽しんでいたのですが、これにより3G回線や4G回線を利用せずwifiのみで携帯を利用しようと目論みました。

スポンサーリンク

データ通信しない、さらば!パケット代金

ガラゲー時代は、ネットを見るとついて回ったパケット代金ですが、データ通信をしない設定にすることで、極限まで料金を抑えることが可能になります。ちなみに、私はソフトバンクで契約していますが、

・ホワイトプランR:934円/月

・データ定額サービス

(パケットし放題for 4G LTE(7G)):2,000~6,200円/月

・ウエブ使用料:300円/月 

・機種代金:2,910円/月

・割引き:-2,153円/月

(内訳:端末-1,653円/月、下取り-500円/月) 

・ユニバーサル代金:2円/月

・消費税:126円

合計:4,119円/月

明細は毎月このような感じとなり、数年前までは3,800円/月だったと記憶しており4千円を超えませんでしたが、2年前からどうしても4千円を越えてしまいます。

ただし、4G回線を使用しないので、wifi必須となりポケットwifiを契約している方にお勧めの所有方法です。ポケットwifiを契約していなくても無料wifiを利用すれば使えますが、それですとかなり不便になります。

そして、データ定額サービスに加入することは必須なので、加入しないという選択肢はありません・・・・。2千円をドブに捨てていますが、仕方がないです。パケット定額なので上限は6,200円/月ですが、そもそもデータ通信をしないので、常に下限料金の2,000円/月です。Iphoneでしっかりと「データ通信しない設定」にしているので、大丈夫です!

そして、Iphoneやスマホからホワイトプランを選択することは、ネット上では不可能です。ショップに行きご相談下さいね。

節約好きには究極の所有方法です

そんな感じでIphoneを使い始めてからずっと携帯料金は4千円なのですが、これを友達に言うとどえらい驚かれるのです。どうやら、Iphone(スマホ)=料金が高くて当然といった思考が当たり前のようで、格安スマホでもないのに、4千円って何それ?といった反応です。

ほぼほぼ全員にびっくりされるので、この所有方法はメジャーではないようですが、たかだか携帯に月8千円を払うのって高くないですか?なので、ポケットwifiを契約していた私にぴったりな方法をご紹介しました。外出する時はポケットwifiを常に携帯するかたちになりますが、もう慣れっこです。

関連コンテンツ

フォローする