医者VSゲシュタルトセラピー

スポンサーリンク

医者のメリットデメリット

ゲシュタルトセラピーを数回受け、私が「ショックなこと」を岡田氏に告げると、満面の笑みを浮かべ、信頼関係はあっさり壊れました。カウンセリングの類は、国家資格無しで開業できるから、素人さんが経験を積み、感覚で開業しているようなものです。

一方で、医者はどうでしょうか。私は病名が付かず、病院に臨床心理士が在籍していますが、医師は「過去を蒸し返し、思い出すから勧めない」との一点張り。確かに、ゲシュタルトセラピーのワークにて過去を思い返しては、あの女にされた嫌なことを、クッションを叩き吐き出していた。

クッションをバンバン叩くと

一時的に効果はありましたが・・・

ゲシュタルトセラピーは、肝心の自愛方法をさらっと説明したのみ。学びはあったけれど、自分で研究しながら模索した結果、良質な方法を探し出した。一巡して、セラピーはダメ、病院の臨床心理士に聞いて貰うより、医者の方がいいかなと。

  病 院 ゲシュタルトセラピー
メリット デメリット メリット デメリット
費用

保険診療〇

初診2500円程度

再診1500円程度

(初診再診共にお薬なしの場合)

なし なし

3回4万円のコース

1回=1時間半

高額

傾聴効果 医師により〇 ハズレ医師がいる あり

信頼が壊れる

処方箋 お薬を飲むと楽になるなら〇 しんどいのに、処方されず、疲弊する

費用なのよね・・・・・。ゲシュタルトセラピーは、3回で4万円もかかり、交通費を入れると、約5万円です。高すぎる!

一方で、病院は基本的に、保険で受診可能なので経済的だし、医者はプロだからさ。ここいら界隈にお住いの薬剤師をしている友達に、お勧め医者を相談すると、数名教えてくれました。

ネットの評判は、当てにならず、私と相性が合っても、他の人はダメだったりするしね。やはり、持つべきものは、リアル友達に限る。最近の子ってネット経由で、お友達を作るらしいけれど、現実で会ったらどうなんだろうね・・・・・。現実で、お互い相性が合えばいいけれど、難しいと思うな。なので、リアル友達を大事にしましょう❤

昔からの友達を大事にしないとって改めて思う❤
 
 
 
スポンサーリンク

カウンセリングのメリットデメリット

カウンセリングは、正直もううんざりしています。過去を蒸し返して、怒りと悲しみで変な風になり、やばい状態になった。思い返してあの女にされた事を、物に八つ当たりするだけで、「取り残された幼少期の心はどうするか」に重点を置いて欲しかった。

どこも、手法は同じらしく、民間カウンセラーの限界を感じる始末。ワークに通い、学び始めた頃は、新鮮だったし学びが多く有益だった。言って欲しい言葉を指摘され、大満足だった。「悪いのはあの女」だってね。これは効き目があった。自分を納得させることができるから。

相性が合うゲシュタルトセラピーに変えると、見方が変わるかもしれないけれど、どこも同じな予感がする。

セラピーを受けてみて

個人が好き。なのに、集団療法を勧める岡田氏・・・・。絶対に嫌だ!

これも、自分の心に沿った方法です。嫌なことはしない。

思い返せば、激高額な集団療法を勧めていた・・・

ゲシュタルトセラピーは、やはり国家試験を所有するプロ集団ではないし、、保険外はきつい。あの内容だと、ぼったくりよ!

1時間半×3回で、4万って・・・・ 

1回につき、1万3千円弱+交通費。約5万なり。病院に比べて高すぎるし、人の不幸を喜ぶ心ない対応をされ、お金をどぶに捨てた気分でございます(泣)弁護士ですら、昨今は初回無料相談30分とかなさっています。

一長一短あるので、状態によって選別する

経済的理由により、医者に話をちょろっと聞いて貰い、さくっと帰宅した方がいいのかも。いっそ、お薬を出して欲しいのに、お薬推奨派の先生ばかりじゃないとわかり、ほっとする。薬漬けにする医者っているし・・・・。飲み続けると、効果が弱まり、更にお薬の量が増えて、悪循環になる。なので、儲け主義な医者はパス。

お薬を処方するほどの精神レベルで病名は付かず、受診を予約すると、傾聴してくれる信頼できる医師がいれば、経済的には安心だ。医師に話を聞いてもらい、お薬なしの医療費は、断然安いのは事実です。しかも、医師は精神医療のプロフェッショナルです。

信頼できる医師を探す旅に出るか!ゲシュタルトセラピーの後遺症(怒りと悲しみで変になる)に疲弊し、へたっているのに、改善策を教えず(具体的にわからないのかも・・・)、高額な費用を素人に払うなら、信頼できる医者の方がいいんじゃない?と今は思う。

ドクターショッピングってやつですよ
 
 
睡眠をしっかり取ろう!  
関連コンテンツ

フォローする